Diane Labrosse
 + Martin Tétreault
 + Haco - Lunch in Nishinomiya (CD/Album/2005)
5c6ba7c3c2fc283987e9d14c 5c6ba7c3c2fc283987e9d14c 5c6ba7c3c2fc283987e9d14c 5c6ba7c3c2fc283987e9d14c

Diane Labrosse
 + Martin Tétreault
 + Haco - Lunch in Nishinomiya (CD/Album/2005)

2,000 JPY

1,600 JPY

20%OFF

Free Shipping Over 4,000 JPY

About shipping cost

■ Lunch in Nishinomiya ■ by Diane Labrosse
 + Martin Tétreault
 + Haco 「ランチ・イン・ニシノミヤ」 ディアン・ラブロッス + マルタン・テトロー + HACO Tracklist / 曲目 1- What Is Today's Recipe? 2- Kitchen Neon 3- Cutting Vegetables 4- The Steamer 5- Boiling 6- Buon Appetito! 7- Afternoon Walk 8 - In the Fridge *Gatefold sleeve *見開き紙ジャケット Design by MGX.Factory ♪Sample / 試聴 https://soundcloud.com/hacohacodotnet/what-is-todays-recipe "In Lunch in Nishinomiya, Haco (contact microphones, oscillators, effects) joins forces with two leading Montréal improvisers known for their innovative playing: Diane Labrosse (sampler) and Martin Tétreault (turntable, surfaces, small electronics). When Labrosse and Tétreault came to Japan in 2003, they found a kindred spirit in Haco. The three recorded an improvised music session at Haco’s studio in Nishinomiya (near Osaka), and later completed the construction and mix through e-mail exchanges between Canada and Japan. This is not Haco the songstress. With exquisite balance, the trio combine a variety of grating, explosive, scraping, vibrating sounds (noises) with precise breathing and dynamism, tension and relaxation. The result is extremely delicate electroacoustic sound. Eight tracks in all."— Actuellecd (CA) "Haco(コンタクト・マイク、オシレイター、エフェクト)が、カナダ、モントリオールを代表する即興演奏家で、斬新な演奏法で知られるディアン・ラブロッス(サンプラー)とマルタン・テトロー(ターンテーブル、エレクトロニクス)と組んで制作したトリオ・アルバム。ラブロッスとテトローのふたりが2003年来日した折りにHacoと意気投合。西宮にあるHacoのスタジオで即興的に録音し、その後、カナダと日本でメール交換しながら最終的な構成やミックスを完成させていった。ここでのHacoは歌姫とは別のHaco。3人が、破擦音、破裂音、接触音、振動音のような様々な音(ノイズ)を、微細な息づかいとダイナミズム、緊張感となごやかさとともに絶妙のバランスで配合し、作り上げた極めてデリケートなエレクトロアコースティック・サウンド。全8曲。" —Improvised Music from Japan (JP) ■ Label / レーベル ■ Improvised Music from Japan (IMJ-527) (JP) ☁ Details / 詳細 http://www.japanimprov.com/indies/imj/nishinomiya/index.html ☁ Reviews (excerpts) / レビュー (抜粋) "The soundworld of Lunch in Nishinomiya is reduced like a rich sauce, allowed to bubble away almost nothing, leaving the faintest trace of its existence like a lingering, bitter aroma." —Keith Moliné (The Wire, UK - January 2006) “「西宮で昼食を」と題されたこのCD。曲のタイトルからは、3人の音楽家がレシピを選び、料理して、それを食べ、食後の散歩をして、残ったものは冷蔵庫にしまわれて、また食べられるのを待つ、そんな光景が浮かんでくる。オシレーター、コンタクトマイク、ターンテーブル、サンプラーによって演奏される、微少な電子音や擦過音を用いて作られた、非常に繊細なテクスチャーを持った作品だ。これはたとえば「ナイフとフォークの音と混ざりあう」のではなく、いわば「ナイフとフォークの音」そのものを聴く作品である。” —畠中実 (Intoxicate / Tower Records, JP - 2005年10月)