Haco - Nova Naturo (CD/Album/2021) 【+ BUTTON / 缶バッジ】
other
607d4330df62a96e1c7e87a7 607d4330df62a96e1c7e87a7 607d4330df62a96e1c7e87a7

Haco - Nova Naturo (CD/Album/2021) 【+ BUTTON / 缶バッジ】

2,200 JPY

Free Shipping Over 5,000 JPY

About shipping cost

* Middle 6/2021 scheduled shipping.

■Nova Naturo■ By Haco 「ノヴァ・ナチュロ」 HACO ※Release date: June 18th, 2021 ※2021年6月18日発売 Tracklist / 曲目 1- Frozen in Time 2- Spinning Lantern 3- Pendulum Feelings 4- Teardrops of Aurora 5- Lost and Found (Excursion 2) 6- A Mind Resort (Shiokaze Ver.) 7- Luna Nokto 8- New Nature 9- Myths and Facts *Matte Laminate Jacket マット加工・紙ジャケット *Includes thick art card. *厚紙アートカード付 *all mailorders receive 1.5" exclusive album can badge 3.8センチ缶バッジの特典付 Artwork by Eiichi Tosaki © 2021 アートワーク: 登崎榮一 Haco’s eighth solo album, includes collaborations with the French improvised guitarist Manuel Adnot, the drummer & pianist Tetsuji Matsuo, and the double bassist Makoto Inada, who are based in Kobe. Also on this record are Stabilo (Speaker Gain Teardrop) from the Hiroshima ambient scene, and Tarnovski (Gurun Gurun), a key figure in Czech experimental-electro music, who were involved in her previous album, “Qoosui.” And there is a collaborative track with the electronic music maestro Keiichi Sugimoto (Vegpher). Hacoの通算8枚目ソロアルバム。参加アーティストは、フランスの即興ギタリストManuel Adnotや、関西在住のドラマー&ピアニスト松尾哲治やコントラバス奏者の稲田誠。また前作「Qoosui」で組んだ、広島のアンビエント作家stabilo (speaker gain teardrop) とチェコのエクスペリメンタル界の雄Tarnovski (Gurun Gurun) に加え、エレクトロミュージック界の第一線で活躍する杉本佳一 (Vegpher)。 ☁ Details / 詳細 Specific website for Nova Naturo NOVA NATURO特設ページ ☞ http://www.hacohaco.net/haco/nova_naturo.html ♪Stream “Nova Naturo” / ストリーム 試聴 https://room40.bandcamp.com/album/nova-naturo Music videos / ミュージック・ビデオ https://youtu.be/aPlkrj9uy3Y ■ Label / レーベル ■ Someone Good/Room 40 (AU) 国内配給:Inpartmaint Inc. (JP) “On Nova Naturo, Japan’s Haco expands her already divergent song craft into a zone that meshes field record-ing, electronics and layers of floating voice into an imagined sound environment that encourages a sense of a deepened interior terrain. Haco’s work in groups including the now legendary After Dinner and Hoahio have earned her a unique and respected position in the Japanese music communities, but it is with her solo work that she has unlocked an utterly unique and deeply personal approach to sound. Drawing inspiration from mythologies surrounding ideas of rebirth, Nova Naturo propagates a sense of ambience, but arrives at this sensation without dwelling in the aesthetics of ambient music. Rather, Haco combines unexpected elements, and uses these combinations to refocus our ears and invites us to listen closely, but with a sense of relaxation. This record is not a labour and instead suggests a kind of release from labour, an open-ing out into place, into the human experience of exploration and the rewards that come to those present in the moment. “ ーSomeone Good 「HACOは、深淵な内的領域へと導くような、心に描いた音風景ーフィールドレコーディングやエレクトロニクスや幾層にも重ねたヴォイスで編みだされた曲作りを展開している。本作「NOVA NATURO」では、さらにその世界感が拡がっている。彼女の作品群は、伝説的アヴァンポップ・バンドAFTER DINNERやHOAHIOなどの活動を通じて、比類なきレスペクトを獲得しているが、ソロ作品として音に対する深くユニークかつパーソナルなアプローチが、ここでは解き放たれている。 新生 (rebirth) にまつわる神話などのインスピレーションから描かれているNOVA NATUROは、アンビエント・ミュージック美学の枠におさまらないところに帰着している、にもかかわらずアンビエンス感は増殖している。むしろHACOは、意外性のある要素を結合させ、これらの組み合わせで私たちの耳を開かせ、リラクゼーション感覚をもって、耳をそばだたせるように誘っている。このレコードは努力ではなく、ある種努力からの解放のすすめ。心の成長、人生の探究の経験やこの瞬間に存在していることへのご褒美。」ーSomeone Good “A voice is floating, almost within reach, travelling as if a physical being, moving far away yet always here, so close as to be inside, spinning inside each lantern, flickering light.” ーDavid Toop 「ひと声は、浮遊し、手も届かんばかりに、存在するかのように動きまわり、はるか遠くへと旅しても絶えずここにいて、意識内に近づき、内なる個々のランタンを回転させ、まばたく灯、となる。」 ーデイヴィッド・トュープ 「夢と現実の狭間の 秘密のNova Naturo。 生命のリズム、色んな色の音の花、エコーのそよ風。 蔦に覆われたプレーヤーから 凛としたHacoさんのささやき声が いつまでもいつまでも、こだまする。 今日は、未来の自然と過去のテクノロジーとが 生命の瞬きを喜び合う初めての日――」 ーMoskitoo ☁ Reviews (excerpts) / レビュー (抜粋) "Nova Naturo is a mini masterpiece or spectral and aural delights. "ーBrad Rose (Foxy Digitalis, USA - April 2021) https://foxydigitalis.zone/2021/04/20/video-premiere-haco-frozen-in-time/